鼻炎に効く漢方リスト

漢方には一般的な鼻炎薬のように眠くなる成分が入っていませんので、仕事中でも安心です。また、体質改善も期待できます。

アレルギー性鼻炎の一種である花粉症に効果的な漢方薬

アレルギー性鼻炎の一種である花粉症に効果的な漢方薬アレルギー性鼻炎を引き起こす代表例に花粉症があります。毎年、花粉症の時期になると、激しいくしゃみや鼻水、鼻づまりに悩む人が多くいるでしょう。花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。

スギやブタクサなどの特定の花粉が、アレルギーの原因物質である「アレルゲン」となり、体内に侵入したそのアレルゲンを排出しようとする抗体反応が過剰に作用した場合に、アレルギー性鼻炎として花粉症の症状が発症します。

花粉症には様々な治療法があります。ただし、一般的な抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が使用できなかったり、強い薬が使えない場合には、漢方薬を使って治療を行うことが有効です。例えば、漢方薬が利用される中で最も多いケースとしては、強い薬を服用できない妊婦もそうですし、眠くなりやすい副作用が入っていない漢方薬を飲みたいドライバーの人たちです。

同じアレルギー性鼻炎でも、その症状は人によって異なります。漢方ではその症状によって利用される薬の種類が異なるため、自分の症状にあったものを選ぶことが重要です。くしゃみや鼻水、目のかゆみがひどいときは「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」という漢方薬を飲みます。

小青竜湯は発汗作用や痛みを発散させることに加えて、体の水分バランスを調整する働きがあります。西洋医学で言うところの「抗アレルギー作用や抗炎症作用のある薬」として利用されることが多いです。具体的には「アレルギー性鼻炎や鼻風邪、気管支喘息などの症状に対して効果がある」と広く伝わっています。

漢方薬は草や木から精製された「生薬」の組み合わせで構成されています。小青竜湯の構成生薬は「麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、半夏(はんげ)、五味子(ごみし)、細辛(さいしん)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)」です。

この中で最も重要な生薬は麻黄ですが、麻黄には交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれており、これは気管支を拡張する働きがあるため、気管支喘息の症状に大きな効果があります。鼻炎の症状に対しては、抗アレルギー作用のある半夏、五味子、細辛が有効な働きをします。それ以外の生薬にも各機能があるため、その組み合わせによって、より高い効果を得ることができます。

また、漢方薬は西洋医学の薬に比べて副作用が少ない薬ですが、利用の際には専門家及び医師の指示を受けることが大切です。先ほどの小青竜湯はやや強めの薬なので、胃腸が弱っている人や体力が著しく落ちている人が服用すると、倦怠感や血圧上昇、手足のしびれなどの副作用が出る可能性もあります。特に麻黄は交感神経刺激作用のある他の薬と一緒に服用は推奨されていません。

風邪と慢性鼻炎では異なる漢方薬を使う

私たちの生活の中で漢方薬が利用されることは実は多いです。花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎に対しても漢方薬が利用できますし、普段、風邪気味のときに何気なく飲む葛根湯も立派な漢方薬です。

アレルギー性鼻炎の薬としては抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が一般的ですが、これらを服用すると「強い眠気を感じる」などの副作用に悩まされます。そもそも、強い薬が使えない妊婦などは服用もできません。

しかし、比較的に副作用の少ない漢方薬であればそういった人でも利用できるわけです。さらに漢方薬の中には鼻炎の症状に対して即効性の高い成分が含まれているため、すぐに症状を緩和したい人にとっても利用するメリットはあります。

また、同じ鼻炎の症状でも、くしゃみ、鼻水、鼻づまりではそれぞれ効果のある漢方薬が異なります。特に鼻づまりで利用される漢方薬として代表的なものは「葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」という薬です。

葛根湯加川芎辛夷は鼻づまりや慢性鼻炎に効果が期待できるため、病院でも処方されることが多い薬として知られています。葛根湯加川芎辛夷を構成する生薬は「葛根(かっこん)、麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう)、川芎(せんきゅう)、辛夷(しんい)」です。

主薬である葛根にはダイゼインなどの成分が含まれており、解熱効果、発汗効果、消化促進に加えて、コリをほぐす作用もあります。麻黄は交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれているため、鼻粘膜の炎症を抑える効果があり、川芎と辛夷には鼻を通す効果があるので、これらが組み合わせられた葛根湯加川芎辛夷は、鼻づまりや慢性鼻炎に対して効果があるわけです。

ただ、漢方薬は副作用が少ないですが、中には副作用のある薬も存在します。葛根湯加川芎辛夷は漢方薬の中でも強い薬の部類に入るため、体力に不安がある老人や病人には処方されません。特に胃腸が弱っている人が服用した場合は「食欲不振、吐き気、不眠、発汗過多」などの諸症状が副作用として出る可能性が高いため、服用は控えたいです。